藤沢で楽しい学童保育で子どもを成長させる

学校の授業や部活動が終わり、子どもが帰宅する際に、自宅に親がいない場合に子どもを預ける施設があります。しかし、藤沢には子供にとって楽しく、学べる環境を提供する施設もあります。親がいないという理由ではなく、学業をさせる、あらゆる文化的な行事に参加させるという前向きな施設だと理解してもよろしいです。早い子ですと1~3歳の頃から通い始め、施設で仲間とともに勉強をすることで、有名な私立幼稚園や小学校などに入学する子どもも多いです。言い換えれば、学習塾で勉強をするだけでなく、レクリエーションなどを通じて、コミュニケーション能力を高めることなど、人としての常識を学ぶ場であると考えることもできます。子どもを預かるだけではないので、料金は高いですが、通園させることで子供の成長を見込むことができるので、積極的に利用する親御さんも多いです。

学童保育の対象となる児童や親の条件

学童保育を受けるためには、条件があります。自治体が運営する施設の場合は、基本的には、親が働いていることが条件で、10歳までの子どもを対象にしているケースが多いです。通常は、平日の下校から18時程度までの利用となり、土曜日は、9時から17時を子どもが過ごします。子どもたちは、自由に遊んでいることが多く、読書したり、漫画を読んだりするケースが多いです。時々イベントなどが開催され、参加することもできます。自治体運営なので費用は安く、1ヶ月で5000円前後です。指導員が見守りをしているので安心して子供を預かることができます。また、公立小学校に通学する生徒は、学校内の施設を利用して、17時くらいまで過ごすケースもあります。共働きのご両親が子どもを守るための保育です

藤沢にある学童クラブは楽しい施設です

藤沢には、ワーキングマザーの要望に従い、高水準の教育を受けさせるクラブがあります。長時間の託児サービスを影響しており、お受験をするお子さんもたくさん輩出しています。1歳~3歳の乳児も対象としており、より良い乳児体験ができるメニューを提供しています。午前8時頃から一日が始まりますが、まずは、子どもの健康状態とチェックするところからはじまります。そして、体操や手遊びなどを仲間と一緒に楽しむことで、コミュニケーション能力を培うようにします。また、読み聞かせをすることにより、語彙力を高めること、食事の際には、最低限のマナーなどを教えることなど、名門幼稚園や小学校に入学できる能力を高めます。食事やおやつなどは、子どもにとって栄養バランスの良い食事を提供することで常に健康を維持できるよう対応してくれます。20時頃に親御さんがお迎えに来て、一日の終了となります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加